FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

フェルメール展

►2012/11/28 04:21 



今週末で終わるフェルメール展を
ギリ駆け込みで見てきました

スクリーンショット(2012-11-27 22.08.24)
1662-1665年 ヨハネス・フェルメール
「真珠の首飾りの少女」

↑これ今回のメイン
はぁ.....超うっとりでした
もう可愛らしいし今にもこっち見てくれそうな
なんであんな立体的に見えるんだろう?



tumblr_mbogd8VUpq1rude7mo1_1280.jpg
1490年 ベルナルディーノ・ピントゥリッキオ
「聖母子と聖ヒロエニムス」

この15-16世紀の絵画によくある
キリストとマリアを見かけるたびに
私はどっかすごく遠くにある意識が
浮かび上がって来るような感覚があって
これ見た時よくわからないけど
超ドキドキしたのでした....なんでだろ?



スクリーンショット(2012-11-27 22.16.48)
1725年 セバスティアーノ・リッチ
「バテシバ」Bathsheba


この真ん中にいるとっても美しいバテシバが
水浴びしているのをダビデ王が見て
一目惚れしてしまうというお話の絵だそうです
もうね.....これもうっとり.....超奇麗〜☆
この時代の絵画を見ていると
現代の女性の美しさが問われる....

もうちょっと知りたい.....
(なんせ私は絵画にも聖書にも
全く詳しくないのでウィキってみたよ笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/バト・シェバ

うわー.......なんかすごい話だわ
あ!思い出してきた!昔読んだ事があるかも!
ダビデ王超ダメダメじゃん!って思ってたら
やっぱり代々呪われる事になるのかぁ...
でも女性的目線で見ると
この時代はやっぱり自分の意思とか
なかったのかな....
バテシバはどう想ってたんだろう?



聖書の世界は
人々のいろんな繋がりや裏切りなんかが
いまの時代と何ら変わらないなぁと
いつも触れるたびに感じます
それともう一つ思うのは
ノアの方舟のような奇跡的なお話は
あの頃だけの神話ではないという事


きっと神様はいまも誰しもの中にいて
繋がるべくところへ導いてくれるし
それがとっても面白い方法や
シチュエーションだったりして
本当に縁がある人やモノ場所と
ミラクルな感じで繋がるように......
そうなっているんじゃないかなぁと
私は感じるのです
(カトリック信者ではありません)

だからもし不安な事とか
自分が思ってもいなかった出来事に
遭遇したりして辛くなってしまったときには
必ず自分にとって良い方へと事は進んでいるのだと
意識してその時を待つように.....
ってのが少しでも出来たら良いな

そんな人になれるかな
なりたいな


E58699E79C9F-9.jpg
太宰府のスタバが超すごかった
素敵すぎ!今度ゆっくり行きたいな☆

スポンサーサイト

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。