FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

言葉とfeeling

►2012/11/04 21:15 



誰かと話す時に自分の中にあるものを
伝えようとして人は「言葉」を使います

その伝えようとしている事が
重要な事だったり
自分にとって大事な事だったりしたら
余計に忠実に伝えようとするようで
私はすごく言葉数が多くなります

逆に業務だと言葉数が最小限です
今は必要ない多くの情報を手渡すと
混乱してしまうかなとか思ったり





あなたはどうですか?





でもその反面、
言葉なんてなけりゃいいのに.....って
しょっちゅう思います
テレパシーの時代早く来て!って笑


例えば、本という媒体だったら
いろんな人がそれを読んだ事によって
多くのイメージが浮かび
受け取り方もさまざまですごく面白いと思うのです

しかし、生活の中で
人と何か問題が起きた時などは感情が大きく動くので
その人の想像力のあるなし・考える力・余裕・受け取り方.....
いろんな事が重なってこちら側の想いがうまく
伝わらない事が多々あります

んで
結果、しょぼ〜ん.....ですよ(笑)


半ば一生自分の思ってる事が100%通じる事は
もうないんじゃないかとさえ思っていて
ただ、自分が放った言葉の中のどこかに
その人が響く部分があれば
まぁそれでいいかなって



日本語は
すごく美しいです
響きとか言い回しとか
もー、めんどくさいなぁ....って
思う事もたくさんあるけれども


特に「ひらがな」が
私は可愛らしくてすきです


そんな日本語を使っている日本人の
感性はすごく豊なのだと感じます
時代が変わっても
そこは普遍性を持っていてほしい
という願いも込めて

スポンサーサイト

未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。